S&C.Laboのハイパフォーマーズ・コミュニケーション研修では、コミュニケーション観点に着目し、「目的」「詳細」「真意」というシンプルなコア原則を習得します

S&C.Laboの問い合わせはTEL09069177917まで

【東京】新宿区新宿1-9-5 さくら新宿御苑ビル7F

【大阪】大阪市北区梅田1-3-1-1000号
    大阪駅前第1ビル10F

【滋賀】滋賀県草津市矢橋町550-97

S&C.Laboお問合せページへ資料請求

仕事を効果的に進める人が体験的につかんでいるコア原則
ハイパフォーマーズ・コミュニケーション研修

※この研修プログラムはS&C.Laboが株式会社ビヨンドより販売委託されたプログラムです。
※この研修プログラムは株式会社ビヨンドに所属する講師が行います。

目的

上司への報連相、後輩やパートナー会社への指示出し、お客様との商談…。すべてのビジネスパーソンに求められるコミュニケーション。
しかし世の中には「仕事の成果につながるコミュニケーションをできる人」と「そうでない人」がいます。 本研修では「相手と何をめぐってコミュニケーションをするか」という「コミュニケーション観点」に着目し、「目的」「詳細」「真意」というシンプルなコア原則を徹底活用できるようにすることをねらいとしています。

対象者

  • 若手・中堅社員または営業担当者

研修の特徴

  • ①「仕事レベルを一段階上げる」コミュニケーション観点のインストール
    成果を出す人が無意識にもっている「目的」「詳細」「真意」という「コミュニケーション観点」を学習することで、「目的のズレ」や「ヌケモレ」や「意思疎通の不一致」がなくなり、日常の仕事のレベルを一段階上げることができます。
  • ②「五感をフル活用」して、行動にコア原則をすりこむ
    ビデオ映像、ロールプレイング、ビデオ撮影、ケース討議などさまざまな手段を用い、コア原則を多角的に身につけるプログラム設計になっています。
  • ③実践の障害となる「自分のコミュニケーション特徴」を理解する
    「やり方」を理解しただけでは、職場で実践するには足りません。実際のコミュニケーションに影響を与える「自分のコミュニケーション特徴」を、他の受講者や職場からのフィードバックによりあぶり出し、まずそれを「正しく知る」ことが実践への第一歩なのです。

研修プログラム例

※以下は2日版の場合です。本プログラムは1日での短縮版でのご提供も可能です

1日目

1.オリエンテーション

  • 【目的】研修のテーマや進め方を理解し、参加意欲を喚起する
  • 【内容】研修のねらいと、2日間の流れetc.

2.自分の特徴把握

  • 【目的】自分のコミュニケーション特徴を把握する
  • 【内容】ケース討議

3.スキルの全体像理解

  • 【目的】今回学習する「コミュニケーション・コンテンツ(内容)」の全体像を理解する
  • 【内容】全体像の解説

4.「詳細」を「届ける・引き出す」

  • 【目的】「詳細」をめぐったコミュニケーションの仕方を理解する
  • 【内容】各種エクササイズ(VTR視聴やロールプレイングなど)
2日目

1.「目的」を「届ける・引き出す」

  • 【目的】「目的」をめぐったコミュニケーションの仕方を理解する
  • 【内容】各種エクササイズ(VTR視聴やロールプレイングなど)

2.「真意」を「届ける・引き出す」

  • 【目的】「真意」をめぐったコミュニケーションの仕方を理解する
  • 【内容】各種エクササイズ(VTR視聴やロールプレイングなど)

3.総合演習

  • 【目的】学習内容を総合的に活用してみる
  • 【内容】「スキルアッププラン」の立案とそれを題材にしたロールプレイング

受講者の声

  • ・今まで『ヒアリングが甘い』と上司に指摘されていたが、今回学んだフレームワークで、お客様から情報収集すればいいのだと気づけました(営業)
  • ・コミュニケーション内容によって、人から信頼が得られる度合いが変わると思った。自分から『目的』『詳細』だけでなく、『真意』も届けることにチャレンジしてみたい(商社)
  • ・ロールプレイなど、実際にやってみて恥をかく機会が多かったので、自分が何ができて何ができないのかを理解できた。すごくシンプルな原則なのに、こんなにも自分ができないとは思わなかった。しかしこれを身につけたら確実に仕事力が上がるなと思えた(IT)