S&C.Labo(エス・シー・ラボ)は営業スキルUP・チームマネジメント・リーダーシップ・コミュニケーション・キャリアカウンセラー養成の研修・セミナーを行っております

S&C.Laboの問い合わせはTEL09069177917まで

【東京】新宿区新宿1-9-5 さくら新宿御苑ビル7F

【大阪】大阪市北区梅田1-3-1-1000号
    大阪駅前第1ビル10F

【滋賀】滋賀県草津市矢橋町550-97

S&C.Laboお問合せページへ資料請求

【女性活躍推進(東京・関西・名古屋)・第4回】組織イメージの中に組み込む

二回に渡って、女性活躍推進には経営トップのコミットメントが必要という話をしました。

では、女性が活躍しやすい(皆が活躍しやすい)風土はどう作ったらよいでしょうか?

あなたの会社には経営理念がありますか?
その経営理念の元で、経営戦略を練っていると思います。

経営戦略の中で、どういう組織にするかを考える中に、女性活躍の方針を組み込んでおく必要があります。

そして、社員にそのイメージを共有しておくことが大切です。

 

・一人ひとりが自立して考えて動く組織なのか?

・チームとして連携して活動するのか?

組織イメージは各社様々でしょうが、

そのイメージの中で、男女区別無くイキイキと無理なく活躍している姿がありありと浮かびますか?

 

例えば、「チームとして連携して活動する組織イメージ」だとして、その部署に

(1)幼稚園児を持つ男性社員

(2)幼稚園児を持つ女性社員

(3)独身の女性社員

(4)既婚の中年男性社員

がいるとします。全員職位は同じです。

かなり急ぎの重要なプロジェクトを行うことになったとして、皆でリーダーを選ぶと考えた時に、どう選ぶと思いますか?

(1)と(2)の社員の能力を平等に見ることができていますか?

(2)と(3)の社員の能力を平等に見ることができていますか?

(4)については、どうでしょうか?

女性活躍推進を組み込んだ組織イメージの共有が無かった場合、一人ひとりの勝手な価値観でリーダーが選出されてしまいます。

仮に「子供を持った女性には、リーダーは荷が重い」と考える人がいたら、(2)の女性を初めの候補から外すことも起きることでしょう(実は世の中で良く起きています)。

あるいは、「女性はリーダーに向かない」と考える人がいたら、(1)か(4)の人から選ぼうとするでしょうね。

しかし、「チームとして連携して活動する組織イメージ」で、なおかつ、「男女区別なく能力のある者が活躍できる組織」だと会社のイメージが共有できていたとしたら、

(2)の人の能力が高ければ、幼稚園児がいようといまいと、候補から外さず、誰がリーダーとしてふさわしいかを平等に選ぶはずです。

実際に、時短で働く女性が管理職になっている例など、世の中にはたくさん事例があり、

むしろ時間管理が徹底しているという声もあります。

男女の役割分担意識などの思い込みは、一人ひとり多かれ少なかれ持っていますので、その人それぞれの価値観任せにしてしまうと、女性活躍推進は間違いなく頓挫します。

会社の方針として、組織イメージの中に女性活躍推進を基本として組み込み、きちんと社員に共有しておきましょう。

文:篠田寛子

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

東京・関西(大阪・京都・滋賀・神戸)・名古屋の、わかりやすい、実践的な社員研修・企業研修・セミナー・講演ならば、実務経験豊富な研修講師を揃えたS&C.Labo(エス・シー・ラボ)へお問合せください。

営業研修・コミュニケーション研修・コーチング研修・ビジネスマナー研修・ロジカルシンキング研修・リーダーシップ研修・マネジメント研修・女性活躍推進研修・クレーム対応研修・新入社員研修、アンガーマネジメント研修、など、ビジネスの第一線で活躍してきた講師陣が自分の経験を踏まえて、多くの事例を用いて、わかりやすく指導いたします。

 

 

カテゴリ