S&C.Labo(エス・シー・ラボ)は営業スキルUP・チームマネジメント・リーダーシップ・コミュニケーション・キャリアカウンセラー養成の研修・セミナーを行っております

S&C.Laboの問い合わせはTEL09069177917まで

【東京】新宿区新宿1-9-5 さくら新宿御苑ビル7F

【大阪】大阪市北区梅田1-3-1-1000号
    大阪駅前第1ビル10F

【滋賀】滋賀県草津市矢橋町550-97

S&C.Laboお問合せページへ資料請求

【コーチング研修・セミナー(東京・関西)】①コーチングってなんですか?

コーチングという言葉は、日本でもだいぶ普及してきたように思えます。私は、実際に研修の現場で受講生に話を聴く機会も多いのですが、コーチングに興味・関心を持っている人もかなり多い様に思います。

ただ、興味・関心を持っていても、コーチングの本質について理解している人はまだ少ないようで、まだまだスポーツ界でのコーチが行うような「選手のスキルを向上させるために、選手を指導し、叱咤激励すること」というイメージを持っておられる方も多いようです。

 

では、まずこのコラム第1回目では、コーチングの本質について述べていきたいと思います。

 

コーチ(Coach)という言葉の意味は「馬車」です。馬車は「馬車に乗る人を目的地まで連れて行く」という役割があります。このことから、コーチングのコーチも「クライアント(※コーチングを受ける対象者のこと)が目標を達成するまで支援する」ことと意味づけされています。

このコーチングは1980年代の終わり頃から、米国で企業研修に取り入れられるなど、ビジネス界に普及が進みました。コーチングは「クライアントの目標設定を支援する技術」ですから、目標を設定し、その実現に向けて日々切磋琢磨するビジネスとの親和性が高いわけです。そういう理由でこのコーチングというコミュニケーション技術はビジネス界にどんどんと広まって、1990年代にはマンツーマンのコーチングを行うプロコーチが登場し、企業経営者や経営幹部、その他、何らかの目標を抱えるビジネスマンたちがコーチングを受けるようになりました。いまや米国の企業経営者の7割以上がコーチを雇っていると言われるくらい、コーチングはビジネス界に浸透しています。

コーチングは、「相手に効果的な質問を行い、相手に語らせ、そして相手の言葉に耳を傾け、相手の可能性を最大限に引き出す」というコミュニケーションの技術です。相手に対して指導し、「あれやって、これやって」と手取り足取り指示してやらせるのではありません。相手に質問することで相手に考えさせ、相手の行動を促すというものです。次回以降のコラムでその詳細について述べていきたく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

東京・関西(大阪・京都・滋賀・神戸)・名古屋の、わかりやすい、実践的な社員研修・企業研修・セミナー・講演ならば、実務経験豊富な研修講師を揃えたS&C.Labo(エス・シー・ラボ)へお問合せください。

営業研修・コミュニケーション研修・コーチング研修・ビジネスマナー研修・ロジカルシンキング研修・リーダーシップ研修・マネジメント研修・女性活躍推進研修・クレーム対応研修・新入社員研修、アンガーマネジメント研修、など、ビジネスの第一線で活躍してきた講師陣が自分の経験を踏まえて、多くの事例を用いて、わかりやすく指導いたします。

 

カテゴリ